So-net無料ブログ作成

犬猫ものがたり5 ~共に暮らす~ 写真展のお知らせ [お知らせ]

 

Photo_057.jpg

 

大きなサイズ(と言っても私の場合A3+程度)のプリントは色んな意味でドキドキ。
私の場合小さなサイズで何度も試し刷りしてから徐々に大きくしていくのですが、
サイズが異なると印象も変わるので、自分の思うようなプリントが出来るまでには
時間がかかります。

そして今回は私のお気に入りの紙が廃番になってしまったので、手持ちのものが
無くなったらもう手に入れることができない・・・というプレッシャーもありました。
デジタルプリントでもこういうことが起きているのですから、暗室作業で使う印画紙
はもっと厳しいです。
いいな、と思う紙は価格もいい(高価)なので、手が出ないことも。
それでも出来る範囲で自分らしいプリントをしていきたいです。

今回プリントした作品は額装してこちらのイベントで展示されます。

 

event_004.jpg

 

『犬猫ものがたり5』は写真展が中心となりました。
4人の写真家の作品がカフェに展示されます。
まずは楽しんで見ていただき、そしてそれぞれの作品から何かを感じていただければ
幸いです。


夢に向かって [フィルム]

 

Photo_048.jpg

 

犬と人とが都会で暮らす・・・。
それはとても特別で特殊なことであるかのように思われがちです。
もちろん都会ならではの暮らし方というものがあるのは事実。
でも本来はどこで暮らすかなんてことは関係なく、私たち人間と犬たちがお互いに
より幸せに暮らすために必要な考え方は、どこに住んでいても同じなのではない
でしょうか。

 

Photo_049.jpg

 

白亜の建物の前に現れたスリムな女性と均整のとれた体格のラブラドール。
彼女の名前は倉田香緒里さん。JKC公認訓練士。
修業期間を終え独立し、KURATA☆DOG TRANINGを運営しています。
ラブラドールの彼の名前はドクター。
修業中だった倉田さんがパピーから育て、訓練をし、共に生活してきました。
ふたりの息の合った模範演技は悩める飼い主たちの憧れでもあります。

 

Photo_050.jpg

 

訓練所での修業というのはどういうものか、私には想像ができないのですが、
二十歳そこそこの女性が5年間住み込みで訓練を受けたということを聞いただけ
でも、すごいことだと思ってしまいます。
当然脱落者も多く、長い歴史のある訓練所であってもトータルで数人の卒業生しか
出ていなかったりするのだそうです。

 

Photo_051.jpg

 

お休みだって月に数日。
お洒落して、デートすることだってままならなかったのではないでしょうか。
でも情熱と根性、そして何よりもその先にある大きな夢が彼女を支えてきたのだと
思います。
縁あって知り合った若い彼女のキラキラした瞳は、私にはとても刺激的でした。

 

Photo_052.jpg

 

そんな彼女が東京での仕事に一区切りつけ、故郷の長野に帰ることに。
とても残念でしたが、これも夢を叶えるための次のステップ。
なごり惜しい気持ちを胸に、この撮影は行われました。
忙しい毎日の中ではなかなかドクターくんと一緒にカフェに出かけることもできな
かったということで、場所は青山の街に決定。

ブランドショップを眺めたり、カフェでお茶をしたり、ランチをしたり・・・。
もしかしたら撮影よりおしゃべりしていた時間の方が長かったかな?(笑)
でもどんな時も倉田さんはドクターくんに笑顔で話しかけ、ドクターくんは彼女を
愛おしそうに見つめるのでした。

 

Photo_053.jpg

 

訓練士の彼女が育てたのですから当然なのですが、ドクターくんは決してリードを
引っ張ったり、はしゃぎ過ぎたりして困らせることはありません。
でも・・・。
見ていただければお分かりの通り、実はかなりの甘えん坊!!
今日はただ見つめるだけではなく、傍にいられる・・・。
その幸せを噛みしめているかのようでした。

 

Photo_054.jpg

 

仕事の相棒、大切な家族。
倉田さんとドクターくんの関係はそのバランスが難しいこともあるでしょう。
でも、私としてはこれからもこの日のように普通の飼い主と愛犬に戻れる日を
たくさん作って欲しいと思っています。
そして、その中でまた次の夢を2人でかなえて欲しいと願っています。

--------------------------
この記事は以前別の場所に掲載したものですが、こちらでも見ていただきたくて
再掲しました。
夢を追う、そして叶える。
簡単なことではありませんが、諦めなければ、いつか、きっと。